医療機関では教えてくれない 便秘が与える影響

医療機関では教えてくれない 便秘が与える影響

便秘は放っておくと腸の中で有害物質が発生し、肌荒れや頭痛、はたまた大腸がんなどの大きな病気を引き起こす原因にもなってしまいます。また肛門に負担がかかり、痔になりやすくなってしまいます。一般的には3日以上排便がなく、お腹が膨れていたり、腹痛が起きるなど日常生活に影響や支障が出てしまったことを便秘といいます。便秘のタイプには2つあり、弛緩製便秘と痙攣性便秘があります。弛緩性便秘は腸の周りの筋肉がゆるんでしまい、腸の動きが弱くなって便の押し出しが悪くなってしまう便秘です。痙攣性便秘は自律神経の乱れが起き、腸管自体の収縮が強くなってしまい、コロコロとした固い便になってしまう便秘です。また、便意を我慢してしまうことが習慣になって起こる便秘や妊娠によってお腹が圧迫されて起きる便秘もあります。便秘改善には、食物繊維が多めの食事や野菜を中心とした食事に替えるなど、栄養バランスがとれた食事と規則正しい生活を送る生活改善が不可欠です。もしこれらで改善しない場合は、積極的に医療機関を受診することです。。

none

ページ一覧

  • TOP
  • 病院の顔 医療事務の仕事
  • 現在の医療のお陰で気管支喘息から助かった時の事
  • 医療費控除を行う際の注意点
  • 身近な医療施設にかかりつけ医を持とう